スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーボエコンサート

久保惣EIホールでの特別コンサート
≪オーボエが奏でる音楽アラカルト≫へ行ってきました。

プログラム
○ヴィーダーケア/デュオソナタ ・・・オーボエ
○テレマン/オーボエ・ダモーレ協奏曲 ・・・オーボエダモーレ
○ベートーヴェン/モーツァルトのオペラ『ドン・ジョバンニ」より
            『奥様お手をどうぞ』の主題による変奏曲 
             ・・・オーボエ2本&イングリッシュホルン

○ヘンデル/私を泣かせてください ・ ラルゴ
○タイタニック ・ 美女と野獣 ・ ロメオとジュリエット 他 映画音楽など

オーボエはオーケストラでは高音域を担当する楽器です。

バロック時代は『オーボエダモーレ』と言われる、
オーボエより少し低い音域の楽器が活躍していました。
現在では古楽器になっていますが、バッハやテレマンの演奏には欠かせない楽器です。
近代でも、ラヴェルの『ボレロ』にはソロで登場したりしています。
CDを聴いて音色を探してみてください!

さらに低い音域を担当するのが『イングリッシュホルン』です。

先日のジョイントコンサートでもアンサンブルで、『フルート』『アルトフルート』『ピッコロ』と
音域の違う楽器を演奏していました。
気がつかれましたか?

フルートは、自然の中にいて風や鳥や木々のざわめきのような音色だとしたら、
オーボエは、人が優しく美しい声で歌っているような音色に思えます。
フルートとはまた違う安らぎを感じる音色。

心地よい響きで、盛りだくさんのプログラムもあっという間に終わりました。

それにしても・・・木管楽器っていくつも吹きこなさなくてはいけないし、
持っていなくては駄目だし・・・色んな意味で大変そう・・・(^^;)

スポンサーサイト

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

Secret

掲示板

ピアノ講師

Author:ピアノ講師
◇◆発表会のお知らせ◆◇ 
                         
第25回
デ・メロディ・ソンティーユ
ピアノコンサート
2016年8月11日〔木・祝日〕
大阪狭山市
SAYAKA小ホール


NOTA VIVO Vol.12
2015年10月25日〔日〕
レッスンホール
(江戸堀コダマビル)

べっきピアノ教室

◆入会随時◇◇体験無料◆              ◇場所◇         大阪市中央区&堺市南区  ◇レッスン◇        年間42回         1回1時間(個人のみ)  *1レッスン制有                        

お問合せはこちらへ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

カレンダー

最新記事

カテゴリ一覧

ブログ内検索

月別アーカイブ

カウンター

QRコード

携帯からもアクセス!
QRコード

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2ブログランキング

      

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。